フォトショによる手書き風塗りつぶしの加工

PhotoShopでアイコンや文字を手書きっぽく塗りつぶす加工の方法です。

こんな感じ。

こちらの記事を参考にさせていただきました。

Photoshop入門 鉛筆で描いたような手書き風加工のチュートリアル

参考というか、そのまんまなんですが。あとで自分がすぐできるようにもうちょい細かく手順を残しておこうと。

1. 素材を用意する

まずは、素材となる文字かアイコンを用意します。
今回はテキストで「あいうえお」と書いた文字でやります。

2. 境界線を描く

レイヤー効果で境界線を設定ます。
境界線は「1px」、位置は「中央」、カラーは「黒(#000000)」とします。

3. 光彩(内側)を設定する

つぎに「光彩(内側)」の設定をします。
下記の設定の通りに指定してください。

すると、文字がこんな感じになります。

4. 塗りつぶしレイヤーを追加

文字レイヤーの上に塗りつぶしレイヤーを追加します。
[レイヤー] > [新規塗りつぶしレイヤー] > [べた塗り] を指定します。

新規レイヤーの画面が表示されるので「OK」を押します。

カラーダイアログが表示されるので、黒を選択します。

5. ノイズフィルターの追加

[フィルター] > [ノイズ] > [ノイズを加える...] を指定します。

下記のメッセージが表示されるので「スマートオブジェクトに変換」を押します。

ノイズの設定が表示されるので、量を「400%」、分布方法は「均等に分布」を指定し、「グレースケールノイズ」にチェックを入れます。

OKボタンを押すと下記のようになります。

6. ぼかしフィルターの追加

つづいて「ぼかし」フィルターの設定をします。
[フィルター] > [ぼかし] > [ぼかし(移動)...]を指定します。

ぼかし(移動)の設定画面が表示されるので、角度を「45°」、距離を「20pixel」を指定します。

すると、こんな感じになります。

7. シャープフィルターの追加

つづいてシャープをかけます。
[フィルター] > [シャープ] > [シャープ(強)]を指定します。

すると、下記のようになります。

これでテクスチャが完成しました。

8. テクスチャを適用

レイヤーパネルでテクスチャレイヤーとテキストレイヤーの間をaltキーを押しながらクリックします。

すると、テキストにテクスチャが適用されます。

9. 調整レイヤーで明度をあげて仕上げ

上記の状態で完成でもいい気がするんですが、参考にした元記事には下記のように書かれています。

調整レイヤーを1枚かぶせて明度を上げるとより鉛筆っぽくなる感じがします。

なるほどなるほど。調整レイヤーで明度とな。
手順が書かれていないので、勘でやってみます。もしかしたら違うかも。

[レイヤー] > [新規調整レイヤー] > [明るさ・コントラスト...] を指定します。

新規レイヤーのダイアログが出てくるのでなにもせず「OK」を押します。

属性の指定が表示されるので「明るさ」を上げます。ここでは「62」まで上げてみました。

こんな感じになりました。

手書き風のフォントを使わなくても手描きっぽくなって使いやすいと思いますんで、よかったら参考にしてみてください。