芥川賞作品「火花」読んだ

火花
火花
posted with amazlet at 15.12.14
又吉 直樹
文藝春秋
売り上げランキング: 27

今年の芥川賞作品、「火花」を読んでみました。
今まで芥川賞作とか全然読んだことなかったんだけど、ピース又吉さんが著者ってことで興味もちまして。っつっても、ピース又吉を知らないんだけど。

今まで純文学ってあんま読んだことがなく、そもそも純文学というジャンルはなんかのか、ってこともわかってません。純文学小説の最高の賞が芥川賞ってことくらいしか知りません。

ちなみに、芥川龍之介の作品も国語の教科書に載っていた「羅生門」くらいしか読んでません。
羅生門読んだ感想は、「気持ち悪い小説だなー」くらいでした。羅生門、気持ち悪くないですか?

そんな純文学童貞な私が、芥川賞作を読んでみたらどうなんだろうという興味がありました。

「火花」のあらすじはいろんなところでレビューされてると思うので、ここでは割愛します。

ピース又吉さんとルームメイトの芸人さんが発売前の「火花」の原稿を読ませてもらって、後に芥川賞を受賞した時のコメントが「面白いとは思いましたけど、あれが芥川賞レベルの文章だったとは。」みたいなことを言ってたそうです。ネットの記事で読みました。しかもコメントはうろ覚えです。
私も「火花」を読み終えて同じこと思いました。小説としては面白いんだけど、これが芥川賞の文章なのか、と。もっと他にはなかったのか、と。

いや、歴代の芥川賞作品を読んでないので例年と比較して、「火花」がどれくらいのレベルなのかを相対的に比較はできないんだけども、芥川賞作というのは、こういうものなのか、というのがなんとなくわかったというか、やっぱわからないというか。

んで、読んでもやっぱりよくわからなかったのだけど、純文学というのはどういう小説のことを指すんですかね。

次は今年のもうひとつの芥川賞作品「スクラップ アンド ビルド」を読んでみようと思います。