ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント1回戦

格闘技は好きなんだけど女子格闘技はさほど詳しくないんですが、縁がありまして「ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント」の1回戦を観に行ってきましたよ。

7/31 ジュエルス9th RING ライト級GPトーナメント一回戦組合せ決定!(ジュエルス ブログ)

私が応援しにいったのは浜崎朱加(あやか)さん。
なにを隠そう、この方がみかんの里親さんなのです。

そんなワケで、試合会場の新宿FACEに。

この日は全10試合あるうちの浜崎さんが出場するのは第7試合。なので前半は落ち着いて試合を観てられます。

初代ライト級女王決定トーナメントは8名で争われるようなんですが、こんなPVも会場でも流されてました。



なんかこれを観る限り優勝候補とかそんな扱いではなさそな感じ。ま、プロ転向2戦目らしいのでしょうがないけど。
藤井恵さんがコメントしてるんでそこらヘンが期待なんですが。

そんなこんなで、いよいよ前座(失礼!)が終わってライト級女王決定トーナメントの番が回ってきてなんだか私の緊張感も高まります。

浜崎さんはトーナメントの中では第1試合です。
相手は韓国の長身の選手だそうで。立ち技での差し合いじゃ距離が違いすぎんなとか思ったり。
なんか観てるこっちが緊張するな。
っていうか、勝っても負けてもケガのないように、悔いのないように戦ってほしいな、とか親みたいなことを思ったりしてました。もちろん勝ってほしいんだけど。

そんなこと考えてる中、選手入場で浜崎さんがフテブテしく赤コーナーから登場。なんか雰囲気あるな、この人。

そしてゴング!
立ち上がり気をつけて!とか心の中で叫んでたんだけど、いともアッサリと懐に飛び込んでタックル決めてグラウンドに。
体勢は有利!とか思った頃にはアームロック極めてて、えっ?極ってね?コレ?とか思ったらタップが入って試合終了。

1R48秒。アームロックにより浜崎朱加選手の勝利。

浜崎朱加さん勝利!

なんだこの人。めちゃめちゃツエーよ。
秒殺、しかも完封。相手の選手がかわいそうになるくらい何もさせてもらえなかったよ。
勝った本人はとくに喜びを表現することなく、ポーカーフェースを装ってるし。
みかんはスゴい人ももらわれていったんじゃないだろうか。スゴいな、みかん。

その後、残りのトーナメント1回戦の3試合をみたけど、やっぱりトーナメントを勝ち上がるのは大変なんだなって印象です。
番狂わせもあったみたいだし。強いから勝ち残れるわけじゃない。ってどんな世界もそうなんだけど。

しかし浜崎さんには強運のみかんがついてるからな。

次の準決勝、決勝は12月17日に後楽園ホールで行われるらしいんで、そこも必ず応援しにいくよ。

追記:
さっそくニュース記事が出てるんだけど、浜崎さんの扱いが小さすぎね?

能村さくらが石岡狩りの波乱/ジュエルス(日刊スポーツ)