「コーヒーが冷めないうちに」読んだ

天狼院書店さんの5代目秘本が昨年末にご開帳されていました。

【5代目天狼院秘本ご開帳】ついに「5代目天狼院秘本」の中身を公開します!”4回泣ける本”とはいったい何だったのか?

それが、「コーヒーが冷めないうちに」という本でした。

コーヒーが冷めないうちに
サンマーク出版 (2015-12-10)
売り上げランキング: 21,512

5代目秘本が出てたことも知らなかったんで、この本は買ってなかったんですが、この本が5代目秘本に採用された時のブログを読んで、無性に読みたくなりました。

【5代目天狼院秘本/通販開始】読み通すまでに3度泣き、静かに、1,000冊買い切る覚悟を決めた。《通販ページ》

本を読むスピードは徐々に加速しました。
もう、眠気など、微塵も感じませんでした。
面白い。
非常に、面白い。
もう、やるせないほどに面白い。
2編目の途中で、僕は、もう号泣しました。
恥ずかしい話ですが、ひっくひっくとなるくらいに、泣きました。
原稿が涙で濡れてしまったので、手元においていたタオルで拭い取りました。

よし、買おう、と思いつつ念のためamazonのレビューでも見てみっか、とアクセスしたところ、Kindle版もあるではないですか。いやいやいやいや、それはアカンやろ。ここは天狼院書店で購入すべきだろ、と。
いやー、でもKindleで読めたほうが楽だし、いやしかし、あー、どうしよ、と思いつつKindle版をポチりました。スミマセン。。

そんなわけで、読んだんですが、演劇の脚本から書籍化したんですかね?これ。情景が目に浮かぶようです。演劇の観客席側の視点で。

で、電車の中で読んでたんですが、見事に2編目の途中から涙目でした。必死に堪えましたけどね。
4度泣ける、と謳ってますが僕はやっぱり2編目ですね、グッとくるのは。

小説としてはもうちょっと捻って欲しい気もするけど、劇場公演の脚本としてはこれくらいわかりやすくないといけないのかもしれない、という気もしました。