ダルトンメガネに行ってきた

メガネを買ってきました。
メガネっつっても近視矯正とかじゃなく、色覚補正の。

もともと色弱でして、子供の頃やった色盲検査でも引っかかったりしたわけです。
これはもう遺伝なんで諦めてるし、日常生活で困ることもなかったので、まあいいかなと。

ただ、それがあるんで船舶免許も昼間限定でしか航行できなかったりしてます。
それはちょっと不便だなって気がするんですよね。5年間運転しなかったクセに。

んで、船舶免許を取るとき(5年前)に色覚補正してくれるレンズの存在を教えてもらいました。
「ダルトンメガネ」の存在を。

ダルトンメガネ

で、5年間の時が流れ、ようやく本日行ってきたわけです。ダルトンメガネに。

浅草橋駅についたら迎えにいくので電話してください。といわれてたんで電話して迎えにきてもらいました。
たしかに自力で行くのは難しいかも、ってところにあります。
マンションの一室のような。

けど、スタッフの方は親切だし、良心的だし、とってもいい感じでしたよ。

そこで言われたのは、色弱というのは赤が見えづらく緑の認識力が高いという特徴をもった個性である、というような表現でした。
「色覚異常」ではなく「色覚特性」だと。
赤の認識力が高い人数が多く、緑の認識力が高い人が少数だから異常であるというような表現をするのである、みたいなことを言って慰めてくれました。
が、そんなに気にしてないのでそこを強調して勇気づけられてもチョット困っちゃうんですがw。

色弱の中にも強弱はあるみたいで、いくつかレンズ越しの見え方を確認しながら測定していきます。
私の場合は比較的軽い方みたいです。

初めてパネルD-15検査ってのをやったんですが、1つだけ間違ってしまいました。「ワンエラー」と呼ぶらしいんです。
ま、結構当てずっぽで正解だったのもあるんで、再現できないんですがw。

そんなワケで、ダルトンメガネでレンズだけ購入して、前からお世話になってるメガネ屋さんでフレームを買ってレンズを入れてもらいました。

それがコレ。

ダルトンレンズ+Oakley TUMBLER

フレームはOAKLEYのTUMBLERです。OAKLEY好きなもんで。
見て分かるようにレンズに薄く色が入ってて、ミラー調になってます。

で、このメガネかけて、これがみんなの見てる赤色なのかーってちょっと感動しましたよ。
私が見てた赤より明るいんだね。赤色って。

これで更新時の船舶免許は夜間航行可能にするんだ。