Happy Hacking Keyboard Professional 「BT」と「2」の比較

先日購入した「Happy Hacking Keyboard Professional 2」、無事Let's NOTEで動作しました。そんなわけで、その前に購入した「Happy Hacking Keyboard Professional BT」と2台が手元にあるので比較のエントリーでも書いてみます。

下記は並べたところの写真。

上が「BT」で下が「2」です。サイズ的には同じです。

ただ、角の処理が微妙に違っています。

「2」とくらべて「BT」の方が角が丸く処理されています。
すごくどうでもいい違いですが。

厚さの比較。これもほぼ同じですね。

背面側は随分違います。
これは「2」の背面。

USBハブの機能も持っています。
今ではすっかり見なくなったminiUSBでPCとつなぎます。
一番右(といっても真ん中あたり)の蓋は、設定のスイッチの蓋です。

一方、「BT」の背面はこんな感じです。

一番左の丸いボタンが電源です。
中央に電池を入れる部分があります。電池は単三電池2本。
一番右にある蓋は、開けるとmicroUSBの口が現れます。microUSBは給電用なので電池がなくても使うことは可能です。
microUSBでPCと繋いでも、PCとの有線接続のキーボードにはなりません。接続はあくまでBluetoothです。

と、まあこんな感じですかね。

よくiPadやAndroidなどのタブレットで使える!ってことで「Happy Hacking Keyboard Professional BT」を絶賛している記事を見かけるんだけど、みんなホントにそんな使い方するんですかね。
キーボードでガシガシ入力するならPCでよくね?って気がするんですけどね。

じゃあなんでお前はBluetooth版買ったんだ、って言われると返す言葉もないんですが、結果的にはUSB版で事足りた、というのが正直なところです。