ぽんた本を貸してもらった

猫仲間からぽんた本を貸してもらいました。

そして、一気に読んだw

最後の方に書籍化にあたって描き下ろしのネタもあるんだけど、基本は過去にWEBで公開したネタを書籍化したものでした。

なんでWEBでただで読めるのに敢えて書籍買うんだろうな、人って。

たしかに、書籍としてもっていたい、という気持ちは分かるんです。
この本はKindleでもなくて、紙の本として持っていたい、っていう。
所有感ってやつですか。

そいや、私も過去に一度ブログ本を出したことがあります。

もう絶版になってますw
しかし、最安値5円て。そして、現在の最高額が5,977円ってのもすごい。

記念にスクショとったw

で、ブログの書籍化の話しを出版社さんに頂いた際に、「基本、ブログのネタそのままでいいです」って言われました。
いやいや、ただで読める内容を本にしても売れないでしょ。って言ったんですが、ブログのネタが本になってることがいい、というような説明をされました。そんなもんなんですかね。

でも、なんとなく良心が痛んだんで、描き下ろしのネタも入れたりしたんですが。(それでもたいして売れませんでしたがw)

ブログを熱心に読んでくれている人からすると、インターネット上にあるいつ消えてしまうかわからない状態より、手元に書籍として残ってるほうが安心感というか、所有感というか、そういうのがあるんですかね。

そいや、この本作るとき、ブログに載せてる写真じゃ書籍に載せるのには小さすぎるんで、元の写真を探したりして、思った以上に苦労した思い出が。