ジャズバーに行く

知合いから「ジャズバーでピアノを弾くので聞きにきませんか?」とい旨の連絡をもらいまして、ほいじゃ行ってみましょうか。ってことで行ってきましたよ。人生初ジャズバー。

ちなみに、ジャズにも対して興味がない上、禁酒している私がなにゆえジャズバーなのかという気もしないでもないですが、まあ、それはソレこれはコレです。

で、初めて聞いた生ジャズなのですが、いやーいいッスねー。すげーいいっス。
なんというか、ジャズという音楽そのものももちろんいいし、生音の迫力ってのもあるんですが、ライブならではと言うか、その場の流れと雰囲気でアドリブ効かせた演奏や、演奏者間でのやりとりとか、その空間に漂う空気がとってもイイ!

演奏者の方は、楽器で会話しながら誰かにソロを促したり、パートを振ってみたり、アドリブ入れてみたり、そういうやりとりを楽しそうにやってるわけです。
カッコいい、かっこいいぞ、ジャズ。そしてその演奏者。

ちなみに、知合いはピアノを2曲ほど弾いてまして、もちろんそれはそれでとってもよかったのですが、彼女が習っている先生の演奏と言うのが、これがもうスゲーんです。
素人が聞いて、「これは、これはスゴイ」と感じるレベルなので専門的にどうスゴいのかスゴくないのかわかんないんですが、鳥肌モンでした。

で、そのバーはその日は特別にチャージなしの飲食料金だけしか課金されなかったので、ジンジャーエール代300円だけで、いい音楽を聞いて、おいしいジンジャーエールをいただきました。
なんだかとっても得した気分です。いや、気分じゃなくて得したんだけど。