電子書籍の課題は電子本棚

電子書籍デバイスとしてKindleがあってiPadがあって、android端末もいくつかでてきてGALAXY TabやGALAPAGOSなど。SonyのReaderってのもでてきて群雄割拠。
なんだけど、デバイス以上に電子本屋のほうが混沌としてる印象なんですが。

私はiPadを所有しててiPadを電子書籍デバイスとして利用したいんだけど、この中にもiBooksやKindleアプリ、i文庫、ダイヤモンドブックス、BookGate、雑誌だとマガストアやビューン、雑誌ONLINE、そしてiTunesで単独で販売される書籍アプリもあるし、もうテンヤワンヤ。

電子書籍として購入したはいいけど、どこで購入したかによって、管理してるアプリが違うわけ。
だから探せないのよ。このタイトルはどのアプリで購入したのか覚えてないといけない。アプリの中の書籍タイトルはiOSの検索ではヒットしないし。

そんなわけで、どのアプリで買っても、書籍アプリ単体で買っても一括して管理できる本棚アプリってできないですかね。これじゃおちおち電子書籍を増やせないですよ。

個人的にはKindleが和書を取り扱ってくれたらもうKindleでいいんじゃないかと思うんですけどね。デバイスとしてのKindleというよりは電子書籍の本屋としてのKindleで。