東北沖大震災

昨日の出来事を記録として残しときます。完全にただの日記です。

11日は夕方から浜崎さんのジュエルスの試合を観戦する予定になってて、午後から試合開始まで時間が空いたので知合いの会社への訪問アポを2件入れてました。
1件目はajito、2件目はサイボウズスタートアップスです。

14時過ぎにajitoにお邪魔して高須賀さんと話してました。
ajito

その話は長くなるので割愛しますw。

で、15時くらいにグラグラッと揺れ始め、「お、これは結構大きいかも」なんて言ってたらどんどん揺れが激しくなってきたんで一旦外に避難しました。他の人も続々と外に避難してます。
緊急放送が流れて東京は震度5弱の揺れがあったこと、宮城県沖が震源であったことが放送されました。

揺れは納まったっぽいので一旦ajitoに戻りました。と、高須賀さんは何事もなかったかのようにまた新しいコンセプトについて話し始めてくれました。この方はずげーな、動じないなーって思いました。
その後も余震が続きました。

ちょっと地震の影響が気になったので、高須賀さんのPCでテレビを映してもらってみてみることにしました。ロケーションフリーだそうです。

映し出された映像は衝撃でした。
宮城で津波が川を上ってる映像、川に浮かんだ発砲スチロールのように車が押し流される映像、田畑の上を滑るように押し寄せる津波の映像、津波のすぐ先を逃げ遅れた車が走ってる映像、家や建物がガレキに変わっていく映像。
もう現実のものとは思えず、迫力あるCGかと思うような光景が映し出されてました。

その時点で、サイボウズ スタートアップスの訪問はキャンセルになり、ジュエルスの試合も中止になりました。
関東の電車は全てとまり、首都高も封鎖され、移動の手段も奪われました。

ajitoから見える公園には続々と避難者が集まってます。たぶんこの公園は災害時の緊急避難場所なのだと思います。
そこには子供たちもいて、防災頭巾みないのかぶってます。効果あるんすか?防災頭巾。

で、17時回ったところで帰るか、ってことになって高須賀さんは車(ポルシェ ターボ!)で通勤されてるんで家まで乗っけてってもらえることになりました。

いつもは20分もあれば帰宅できるらしいんだけど、昨日は首都高も封鎖されて下道に車があふれてずっと渋滞がつづいてました。
送ってもらってる間も車の中でテレビを見続けてたんだけど、津波の様子や千葉のコンビナートの火災、また東京の各駅で電車に乗れず駅で溢れかえる人が映し出されていました。

歩道では電車を諦めて歩いて帰宅する人たちでいっぱいでした。

第三京浜は走れるってことで第三京浜で川崎に入ったんですが、そこでは信号も動いてませんでした。停電です。
東京は特に日常と変わった様子はなかったのに、川崎に入ったとたん真っ暗闇。車のライトだけが光ってる世界です。関東でこんな暗闇は初めてです。ある意味、貴重な体験でした。

20時くらいに家まで送り届けてもらいました。> 高須賀さん、ありがとうございました。
家も停電しているので、暗闇の中を携帯のバックライトで照らして手探りでペットたちのゴハンを用意して食べさせました。
で、今度はヨメが職場で帰宅難民になってるというので、車で迎えにいきました。

横浜に入ると電気が復活しています。もしかして、川崎だけが停電か?と思ったんですが地域によっては横浜も停電していました。
当然信号も消えていて、大きな交差点は警察官が交通整理で立ってるんですが、小さな交差点では消えた信号機があるだけでドライバー同士が譲り合い、合図し合って交通が成り立っていました。
この辺はさすがに行儀のいい日本人だなって感じです。

実はヨメの勤務先をしらないので、だいたいの住所で近くまで行き、詳細は電話で確認しようとしたんですが通じません。
固定電話からなら通じるかもと、近くにあったレンタルビデオ屋で電話を借りて職場にかけてみても回線が死んでいます。
公衆電話なら通じるかもと思い、そのレンタルビデオ屋のおじさんに公衆電話のある場所を聞いて、すでに閉店しているコンビニの公衆電話から連絡しました。すると、通じた!
近くまで迎えにきてもらってとりあえず、職場の駐車場に車を停めます。

他にも帰宅できない同僚が何名かいるってことで、同じ方面に帰る方3名を乗せて帰りました。
帰りの道も大渋滞で、なかなか進みませんが、東京方面からは続々と徒歩帰宅者たちが歩いていて、彼らを見ていると車に乗っている時点で贅沢だなって思ってしまいます。

途中でコンビニによってみたんですが、ほとんどの食べ物は残ってなく、おにぎりと菓子パンが数個残ってるって感じでした。
全員を送り届けた時点で深夜1時をすぎていました。

それからファミレスに寄って、空腹を満たして帰ったのですがその頃には停電は復旧していました。

かなり疲れていたはずなのに、ちょっと興奮しているのかなかなか寝ようとは思えませんでした。
5時くらいに布団に入るとあっという間に寝入ってしまいました。って、布団に入るといつもあっという間に寝入るんですが。

今、落ち着いて映像を見ると被害の甚大さに驚いています。
津波、すげえ。
地震だけだったら、こんな被害にはならなかったのに。津波のせいで街はほぼ壊滅状態。

東京でもまだ帰宅で来ていない人も居るようです。

私もなにか役に立つことをしたいという思いはあるものの、結局は小額の募金をするのが関の山です。
無力を実感します。
ただそれでも、前に向かって進まないといけないわけで、私は私なりの方法で社会に役立つような活動をしないとなと思った次第です。
うむ、がんばろう、オレ。