ナゴド観戦

今日から帰省で名古屋に来てます。正確に言うと名古屋の隣ですが。

で、そのついでと言ってはナンですが、ナゴヤドームに試合観戦に行ってきましたよ。中日-阪神戦。

座席が3塁側内野席の一番上(5階席?)しか取れなくて、ビジター席っぽいけどナゴヤドームだから中日ファンで埋まるかな、なんて思ってたんですが阪神ファンをナメちゃダメです。
パッと見、6:4くらいで阪神ファンの方が多いかなって感じだったんだけど、応援の激しさと言うか、存在感の大きさと言うか、応援合戦では体感的に8:2で阪神ファンが多い感じがするくらいです。

試合はというと、ソト-蕭(なんて読むの?)の先発で始まって、1回裏に森野のタイムリーで先制して、あとは淡々と両チームが凡打の山を築くのを観てるだけという、ツマンナイっちゃーツマンナイ試合。
ポジティブに言えば、締まった投手戦といっても過言ではない、かも。

そんなわけで、スミイチを守り切ったドラゴンズが勝利。
地味な試合だけど、「勝って帰れってもらうのが最大のファンサービス」ってのはたしかにそうだなと。