アメリカの住所を取得する方法

このたび、アメリカの住所を取得しました。
アメリカ国内にしか発送していない通販や、アメリカの住所が必要な会員サービスなんかを利用する際に「アメリカに住所あればなー」とか思いませんか。思いますよね。
そんなわけで、日本にいながらアメリカの住所を取得する方法です。

それはUSA BOXというサービスを利用します。

USA BOXは郵便物の転送サービスです。
会員登録すると住所が1つもらえてそこに届く荷物を日本の自宅に転送できる、という仕組みです。
ちなみにもらえるのはマイアミ州の住所です。

料金プランも結構柔軟で、初期費用/月額費用も無料で荷物の転送の都度課金するプランや、月額費用を支払う代わりに発送単価が安いプランなどが用意されています。
定期的にこのサービスを利用する人にとっては月額有料のプランのほうがお得ですが、僕の場合はめったに利用しないのでひとまず無料プランで申し込みました。

んで、以下の手順で申し込みます。

  1. USAboxにアクセスしてサインアップします。
  2. メールでアクセスURLが送られてくるのでログインします。
  3. サイトから必要書類(フォーム1583)の登録を行いプリントアウトします。もしくはPDFをプリントアウトして記入します。
  4. 身分証明書の書類を2種類用意します。私は念のためパスポートと運転免許証と健康保険証のコピーにしました。
  5. 3と4の書類を公証役場に持っていき公証人に証明してもらいます。私の場合費用は20,000円くらいかかりました。高いね。
  6. 書類一式をUSAboxに送付します。
  7. 手続きが終了するとメールが送られてきます。クレジットカードに課金した金額をサイトに入力せよ、と書いてあるのでクレジットカードの明細を確認して課金された金額をサイトに登録します。

以上で、アカウントが有効になります。

サインアップしてからアカウント有効までを15日間で行わないとキャンセルになる、という時間制限もあるのでアカウント作る際には身分証明などの事前準備を整えてから行ってください。

ちなみにもらえる住所はこんな感じです。

8345 NW 66TH ST #[あなたのPMB] MIAMI FL 33166

この[あなたのPMB]が私書箱みたいな役割みたいです。