脱・花粉症マニフェスト

前から疑問だったんですが、現代医学をもってしても花粉症を直すことはできないんでしょうか。
現代の科学をもってしても花粉を空気中に飛散させないことはできないんでしょうか。

いや!できるはずだっ!

現在の医学や科学をもってすれば、花粉なんて恐るにたりないシロモノなんですよ。あんな植物の発する粉ごときに人類が悩まされることなんてないんですよ。

にも関わらず未だに春になると花粉症が発症し、日本人の4割の人が花粉症に悩まされているワケです。
なぜ、こんなことが起きるのか!

答えはカンタンです。花粉症がなくなってしまうと困る人達がいるのです。花粉症が発症することで利益を得ている人達がいるのです。
そう考えるのが自然ではありませんかっ!

この花粉症特需という既得権を持っているのが医療業界と製薬業界です。
花粉症で人が困っているのを、ニタニタ笑いながらそこから利益を得ているのです。間違いない!

もし私が政権を取ったら、真っ先にこの花粉症対策にとりかかります。
花粉症特需という既得権益者から、人々が安心して鼻呼吸できる権利を奪還します!

もしも医学の力も科学の力も得られないのであれば、日本中の杉の木を絶滅させてでも日本国民を花粉症から守りぬきます。

花粉症の時期、クシャミ、鼻水、目のかゆみで、労働者の生産力は著しく低下しています。薬を服用すれば眠気が襲いかかりやはり生産力が低下します。

花粉症を日本から駆除すれば、春先の生産力が向上し、さらなる経済的成長にも繋がるのです!

花粉症のみなさん、立ち上がりましょう!
安心して鼻呼吸できる権利を勝ち取りましょう!

次期選挙ではぜひ、我が党に清き一票をお願いします!


って、花粉の時期に総選挙があったら、マジでこんなマニフェストを掲げる政党に一票入れてしまいそうな私がいます。