スタバのコーヒーセミナー(ハンドドリップ編)

前回のクリスマス編につづいてスタバのコーヒーセミナーに行ってきました。
今回は「ハンドドリップ編」です。

自宅でも職場でもハンドドリップで入れてるんだけど、ちゃんと習ったこととかないんで勉強のために。

で、セミナーメモです。

おいしくいれる、4つのポイント

  1. お湯の温度が90〜96℃
  2. 20秒ほど蒸らしタイム
  3. お湯の注ぎ方
    1. 中央から円を描くように注ぐ。10円玉くらいの大きさ
    2. ゆっくり、一定のお湯を注ぐ
    3. ドリッパーの縁やフィルターに直接お湯を注がない
    4. 数回にわけてお湯を注ぐ

手順

  1. お湯を沸かす。沸騰後少し置き、温度を90〜96℃にする
  2. ドリッパーにお湯を通し温める。カップや容器も温めておく
  3. ペーパーフィルターを互い違いに折り、ドリッパーにセットする
  4. コーヒー豆をフィルターに入れて平らにならす
  5. コーヒー豆の量は水180mlに対し10g。1人前10gが目安
  6. コーヒー豆全体にお湯を注ぐ。ドリッパーからポタポタ落ちるくらいでやめる
  7. 20秒ほど蒸らす
  8. 円を描くようにお湯を注ぐ。
  9. 1回目の注ぎで土手の高さを決める。高いほどサッパリし、低いと濃い目になる
  10. 目的の高さに来たところで注ぐのを中断する
  11. アクが浮いているので、アクが落ちきる前に2回目の注ぎを開始
  12. 2回目以降は1回目の高さ以上にお湯を注いではダメ。超えるとお湯だけが流れて行ってしまう
  13. 規定の量に達するまで繰り返し注ぎと中断を行う
  14. 10gのコーヒーに180mlのお湯を注いでも、抽出後は150ml程度になる。コーヒーがお湯を吸収するから
  15. 注ぐお湯ではなく、抽出された量で、終了のタイミングを図る
  16. ドリッパーにお湯が残っている状態で、抽出量が規定に達したらドリッパーを外す。
  17. 抽出後は最初と最後で濃度が違うのでかき混ぜる
  18. 以上、終了

コーヒー10gに対しお湯が180mlってことは前回のセミナーでも聞いたんだけど、抽出量は150mlでドリップの場合、抽出量で適量を図るかと知りませんでしたわ。

んで、ドリップの仕方によっても味がずいぶん違うんですね。
受講者で好みの味になるようにそれぞれドリップ実践したんですが、細くゆっくり注ぐと濃くなり、たっぷり注ぐとサッパリ味になるんです。ホント、結構はっきり分かるくらい味が変わるんですね。

んで、お隣に今回で4つのセミナーコースをグランドスラムして「カスタマーコーヒーマイスター」になった方がいらっしゃって、エスプレッソ編とかも面白かったよーとかおっしゃっておりました。
そんなわけで他のセミナーも受けてみようかなーと思っております。いまんところ。