MercurialのGUIアプリSourceTreeを使ってみる

先日MercurialをMacにインストールしたのはいいんですが、MercurialをMacで使うにあたってなにか便利なクライアントアプリないかなーと探したところApp Storeでアッサリ見つかったのがSourceTreeというアプリでした。

SourceTree(Mac App Store)

無料だし、評価もいいし、とりあえずコレ使ってみようってことで、使いたかについてメモっとこうと思います。Gitにも対応しているみたいです。が、とりあえずMercurialの使い方ってことで。

まず起動すると下記の画面が表示されます。

「リポジトリを追加」ボタンを押します。

次の画面でまだリポジトリを作っていない場合は「リポジトリを作成」を選んで、リポジトリのタイプに「Mercurial」、リポジトリの保存先に管理したいディレクトリ、ブックマーク名には識別するための名前を指定して「作成」ボタンを押します。

「Completed successfully」と表示されたらリポジトリの作成は成功です。「閉じる」ボタンで画面と消します。

するとブックマークが表示されるので、ダブルクリックするか、「開く」ボタンを押します。

ファイルの一覧が表示されます。

リポジトリに追加したいファイルを選択して「追加」ボタンをクリックします。

「追加しますか?」って聞かれるので「OK」を押します。

「Completed successfully」と表示されたら成功です。「閉じる」で画面を消します。

リポジトリの管理対象に追加されただけで、この時点ではまだリポジトリに保存されていません。
保存にはコミットする必要があるので「コミット」ボタンをクリックします。

すると、下記の画面が表示されます。
コミットするファイルを選択して、コミットメッセージも必要に応じで記入して「コミット」ボタンをクリックします。

んで、「Completed successfully」と表示されればコミット完了。

これで晴れてMercurialのリポジトリに保存されました。

次回から「コミット」しようとすると、更新されたファイルやまだ追加されてないファイルが一覧に出てくるので、その中からコミット対象のファイルを選んでコミットすればOKです。

というわけで、これから使い込んでいくので、もうちょっと使い方とかわかったらまとめようと思います。自分が忘れるから。