健康診断のバリウム検査について

健康診断がありました。健康診断っていうか、人間ドックってやつ。
で、いつもは胃の検査は最後なのに今回は前半に胃の検査がありまして。バリウム飲むヤツ。最後にやるって決まってるのかと思ってたけど違うのか。

そんなマズイマズイとウワサのバリウムだけど、うまくはないけどマズくもない、と思うのですね。無味無臭だから。
だけど、そのあと台に乗せられて右向いたり左向いたり仰向けになったりうつ伏せになったりするアレ、苦手です。
左右が分からなくなったり、仰向けとうつぶせがどっちか混乱したりして。で、先生に「あ、逆です」って注意されたりして。

あんな最新機器っぽいバリウム検査台なんだから人間が自分で右向いたり左向いたりしなくても台がグルグル回ってくれればいいのに。
なんか「台を回すようにするの大変だからそこは運用でカバーね」っていうエンジニアの妥協のような気がしてならんのですよ。人間は台にしがみついてるだけで、あとはオペレータが好きなように回したり傾けたりするようなバリウム検査台の登場を心待ちにしています。