多摩川の花火大会と思われる花火の写真を撮影した

今日は多摩川の花火大会みたいです。
ウチからも花火があがる様子が小さいながら見えるので、部屋の中から花火の撮影に挑戦してみました。

こんな感じ。

窓も網戸もちょっとだけ開けて花火を狙います。

ウチからは2カ所の花火大会が観れました。どっちがなんの花火大会かよくわからないけど。

カメラはD800、レンズはNIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6Gです。

設定は、AFはマニュアルにして、絞りはf/8、シャッタースピードはBulb、ISO感度は200。
これで三脚たてて、リモコン使ってシャッターを切ります。レンズの手振れ補正(VR)はOFFにします。

あとは撮影ごとにシャッターの開けてる時間を調節しつつ撮影しました。
以下、比較的キレイに撮れた写真です。
それぞれ露出時間をメモっときます。


露出時間:1sec


露出時間:6sec


露出時間:1sec


露出時間:3sec


露出時間:2sec


露出時間:1sec


露出時間:1sec


露出時間:1sec


露出時間:1sec

というわけで、ほとんどが1秒程度の露出時間で、6秒とか開けてる写真は空全体が明るくなっちゃってて花火の写真としてはイマイチだなあ、と。

で、シャッターを切るタイミングとしては、花火があがって広がり始める瞬間にシャッターを押して、広がり切って消えていくくらいにシャッターを閉じる、ってくらいのタイミングがいいんじゃないかと思います。

あと、ピント合わせは慎重に、確実にやること。
今回はピントが甘くて使い物にならないヤツがいっぱいあったので、LiveViewでアップにしてピント確認してから撮影しないとダメです。
ファインダーじゃピントの確認できないし、LiveViewでもアップで確認しないとピントはあってるかわからないので。