「俺へ」誤送信事件

「2ch個人情報流出」を受けて、自業自得、因果応報などと言われてる中で、「他人事とは思えない」と書いている下記の記事が話題になってます。

2ch流出事件に思うこと、あるいは15年前に最低のクソ野郎だった話

一緒に常駐していた自分の会社のメンバー数人だけに送ったつもりのチャットを、「全員に送付」モードでツールを使っていた全員にばらまいてしまったのだ。
こともあろうに、
「あいつら、スキルないし、このシステムのこと全然分かってないから」
といった、お客さんメンバーを罵倒するような内容だった。
(きちんと覚えていないが、もう少し酷い内容だった気がする)

このテの失敗は誰にでもあると思うんです。「ねーよ!」と言う人は、「まだ」ないだけで、これからありますんでご心配なく。

で、この記事の中では、すごく見事にまとめられていて、それはその通りだなあと思います。

2chの流出事件のことを聞いて思ったのは、
「悪口や、悪口を言いたくなるようなネガティブな感情は、決して隠し通せない。いつかは表にでる。
15年前の僕の様な感情を味わいたくなかったら、いかに表に出さないか、ではなく、そもそも周りの人を尊敬・尊重しながら生きていくのが一番、手っ取り早い」
ということだ。

んで、この記事を読んでて思い出したことがありまして、それが『「俺へ」誤送信事件』です。

当時、とある社内共有向けの情報共有ツールの開発をしていまして、開発も最終段階に差し迫ってきて、一般公開の前に社内公開することになっていました。
社内の通常業務に利用してもらて、課題の最終チェックを行う行程です。
この段階になると、ちょっとやそっとじゃ仕様の変更は行いません。課題が見えたとしても、それを解決することで他の影響がでないか、仕様を変更する際のリスクやコストも加味して仕様の変更可否が判断されます。

そんな社内公開して数日後に事件が起きました。
朝、会社に出社してみると「俺へ」という社内メールが届いていました。送り主は経理の男性社員です。宛先を見ると「全公開」になっています。
つまり、自分宛にToDoを送ったつもりが、全社員に公開してしまったんです。

内容自体は普通の業務のコトだったので事なきを得ましたが、開発部隊は大騒ぎでした。
いつもなら仕様変更には慎重を期すんですがこのときばかりは「オペミスを誘発するUIはまずい」、「オペミスをしたとしてもより安全な方向に機能すべきだ」といった意見で満場一致で仕様変更が決まりました。

このことの教訓は、理屈で仕様の不備や欠陥を指摘しても理解してもらうのは難しいが、自らが人柱となってその仕様にはどういう欠陥があってそれによってどんな影響が発生するかを実践する、というのはどんな理論的な説得よりも納得感があるなあと。