カフェラテとカプチーノの違い

ふと、カフェラテとカプチーノの違いがよくわかってないコトに気づいたので調べてみました。

こちらにわかりやすく書かれてました。

カフェオレとカフェラテの違い、カフェラテとカプチーノの違いも

何が違うかと言うとミルクが量と質が違います。ここがポイント。
カフェラテは上記のとおり20:80でミルクはスチームミルク (泡が立たないよう温めたミルク) 。
カプチーノはエスプレッソ3に対してスチームミルク3、フォームミルク4、の割合 (フォームミルクとは蒸気で泡立てた牛乳のこと) 。

なるほどなるほど、カフェラテがスチームミルクを8割入れるのに対し、カプチーノはスチームミルク3割、フォームミルク4割入れると。
この割合に付いては諸説あるようで、カフェラテにも少量のフォームミルクを入れる、と説明しているサイトもありました。

そもそも勘違いしていたんですが、スチームミルクって泡立てたものなのかと思ってました。泡立てないのがスチームミルクで泡立てるのがフォームミルクなのね。

でもどっちもスチームで作るっぽい。じゃあスチームミルクとフォームミルクの作り方がどう違うのかも調べてみました。
そのものズバリの質問がありました。

スチームミルクとフォームミルクの違いについて

スチームノズルをミルク入りのあわ立て容器にいれてノブを回してしばらくすると、空気とよく混ざってふあふあしたミルク部分が上のほうに、空気と混ざっていない(が蒸気の熱で温まっている)ミルク部分が下のほうにできます。下部分をスチームミルク、上部分をフォームミルクと呼びます。

なんと!
スチームで暖めた際に上部の泡立った部分をフォームミルク、下部の泡立ってない部分をスチームミルクと呼ぶそうです。
作り方が違うわけじゃなく、同時にできるのね。

スチームミルクの作り方についてはこちらが参考になりそうです。

ミルクスチームのコツ

デロンギが提供している「フォームミルクの作り方」という動画もありました。