共同通信の世論調査を受けた

共同通信の世論調査を名乗る電話がかかってきました。
コンピュータによって無作為に作られた電話番号にかけています、とのこと。

この手の調査の対象になるのはたぶん2回目で、時間もあったので電話でのアンケートを受けました。

アンケートは選択式になっていて、最初の質問が、「安倍政権を指示しますか?1.支持する 2.支持しない」というものでした。
思わず「あのー、3.の『興味ない』でお願いします」と答えたんですが、「1か2でお願いします」と言われてしまいました。

正直、あんまり興味ないんです。積極的に「支持する」ってほどいいと思ってるわけじゃないし、「支持しない」ってほどダメだとおもってるわけでもないし、「どうでもいい」というのが正直な回答だと思ったんですが、それでは回答にならないみたいです。

その後も、興味の薄い内容についてアンケートが続いて、これ、ボクなんかが答えちゃいけないんじゃないか。ボクの「どうでもいいけど、どうでもいいって選択肢がないから、じゃあこっち」という程度の回答が世論として調査されちゃダメなんじゃないか、と。
それくらいなら「興味ない」という選択肢を追加して、「この設問に対して興味を持ってない人が◯%」とかを世論調査としてだしたほうがいいんじゃないかって気がしました。

それ以外にも、テレマーケとしていろいろ稚拙だと思ってしまう対応が多々あり、それはたまたま電話対応した人のスキルが足りないだけなのか、共同通信のやり方がアレなのか判断つかなかったんだけど、人にものを頼む態度じゃなかったことは確かです。

そんな共同通信の世論調査は明日公開されるそうなので、いっちょ見てみっか。