「小さなチーム、大きな仕事」を読んだ

415209267X小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 黒沢 健二
早川書房 2012-01-11

by G-Tools

副題が「37シグナルズ成功の法則」となっていまして、著者は37シグナルズの経営メンバー2名です。

何人かの知り合いのスタートアップの創業者が「37シグナルズは理想型のひとつ」みたいなこと言ってて、「37シグナルズってそんなすごいの?よくしらんけど」と思って調べてみたらこんな本が出てるということで読んでみました。

知らなくて恥ずかしいんだけど「Ruby on Rails」って37シグナルズが開発したんですね。本書の著者の1名が開発したそうです。

で、本書はスタートアップの心得的な、小さな組織が大きな組織に立ち向かう的な、柔能く剛を制す的な、そんな内容です。
2つの大陸、8つの都市に社員がいて、オンラインでコミュニケーションをとりながら仕事をしています。

ぶっちゃけ、そんなに目からウロコというほど新しいことが書かれているワケではないです。
たぶん本書に興味を持つ人は他にも似たようなビジネス書なり起業家の著作なんかを読んでると思うんですが、だいたい似たようなことが載っています。

そんな中で「真似てはいけない」という章になかなかいいことが書かれていたので引用しときます。

残念ながら、ビジネスの世界でのコピーは通常もっと邪悪なものである。もしかしたらそれは今日僕らがコピー・ペーストの世界に住んでいるからかもしれない。あなたは他の人の言葉、画像、またはプログラムを一瞬にして盗める。そして、真似ることによってビジネスを立ち上げたいという誘惑に駆られるかもしれない。
だがこれは失敗の方程式である。模倣することによる問題とは、理解を飛ばしてしまうことだ。理解とはあなたが育てるべきものでる。なぜあることが機能しているのか、またはなぜあることがそういう仕組みになっているのか、あなたは理解しなくてはいけない。ただコピー・ペーストすると、それが抜けてしまう。表面下にあるすべてを理解するかわりに表面だけを再利用しているだけである。

表面で表現されている裏にある、思想とか、未来像とか、意思決定の過程とか、そのために捨てたものとか、そういうものの理解や体験をしないまま丸っとコピーすることは、著作権とか特許とか知的財産権うんぬん以前に、自身のためにもすべきではない、と。

これからは動きの鈍い巨大な会社が、小回りの効く小さな組織に駆逐されて行くのかもしれん。ってこの本読んでて思いました。