リチウムイオンバッテリーの充電

ふと、バッテリー劣化させないためにはどうしたらいいんだろう?という疑問がわきましてちょっと調べてみました。
昔、たしか初めて携帯電話を持ったときにはバッテリーは使い切ってからフル充電するのが一番劣化しないんだ、ってモノシリな友達に教えてもらって、それ以降充電式バッテリーはそういうもんだと思っていました。が、どうも充電池の方式(?)によっても違うみたいですね。

んで、ここからはほぼ調べた受け売りなんで、詳しく知りたい方はGoogle先生に聞いてください。私もGoogle先生に教えてもらいました。誰に聞いたらいいかを。

では、調べた内容を箇条書きにまとめます。

  • 充電式電池にはニカド、ニッケル水素、リチウムイオンなどがある。
  • 最近の携帯電話やノートPCなどに使われてるのはほとんどリチウムイオン。
  • ニカドやニッケル水素は、完全放電+フル充電したほうが劣化が少ない。
  • 逆にリチウムイオンは継ぎ足し充電による劣化は小さい。
  • むしろ完全放電+フル充電の負担の方が大きく劣化する。
  • リチウムイオンはフル充電の状態で放置しても劣化しやすい。
  • 充電しながら重い処理をしても劣化する。(重い処理をするとCPUが熱くなり熱で劣化する)

ということのようです。

完全放電しちゃうとかなり劣化するみたいなので要注意です。
マメに充電しつつ、フル充電の状態で電源切って放置とかしないようにしないとですね。

とくにiPhoneやiPadはバッテリの取り外しができないので、いろいろ気をつけてやらんとな、と思ってます。

それにしても、いつまでたってもモバイル端末の最大のボトルネックはバッテリのままなんですね。
早くこの分野で誰かイノベーション起こしてくれないかなー。