無知の無知

「無知の知」と言ったのはソクラテスでしたっけ?
これは「私は知らない、ということを知っている」という意味で言ったそう。

で、最近身の回りにいる困った人を観察していて気づいたんだけど、その人たちは総じて「自分が知らないということを知らない」人であることが多いなあと。
つまり「無知の無知」。

別に知らないことや、できないことがあってもいい。っつーか、それが普通なんだけども。
問題をややこしくしているのは「自分が何を知っていないか、何ができないか」を把握せずに知ってるつもり、できるつもりになっている状態なんじゃないか、と。

そんなことを考えるような出来事が、ありました、よと。