世間が狭いなって思った話し

元同僚とランチを食べに行く約束をしてまして。
勤務先が渋谷駅周辺だったんで、僕のリクエストで「らーめん はやし」に行ったんですけども。

お店に着いてから、久しぶりに会う人と食べに行くとこじゃないなと反省したんだけども、一度食べてみたかったんだもの。
で、「らーめん はやし」は美味しかったんだけども、その元同僚の勤務先を知らなかったんで聞いたところ、ヒカリエにオフィスがある某モバ◯ータウン的な事業を展開している会社だったんです。伏せ字にした意味あるかしら?

そいや、前職の同僚もその会社に勤めてるわ、って話しでたぶんわからないだろうけどもって前提で名前を言ってみたら、現在ちょー関わってるって。部署も全然違うのに、仕事上で絡みがあるらしく。

だもんで、そっちの元同僚にこっちの元同僚の写真を撮ってLINEで「この人知ってる?」って送ったら、即「超知ってる」って返ってきた。おもしれえ。

そんなわけで、世間は想像以上に狭い、というか自分が関わる範囲ってホントに狭いんだなと。
悪いことできんな。しないけども。