飲み会で写真を撮るということ

ミラーレス一眼(E-M1)を常時持ち歩いてるわけですが、そうなると飲み会の席などで写真撮ってって流れになったりします。
飲みの席で写真撮るのはいいですよ。カメラ向けるとみんなポーズとってくれたりして楽しんでくれるし。

で、調子にのってシャッター切ってると、写真の数は膨大になるわけです。
昨夜なんて後半から写真撮りだしたのに250枚オーバーですよ。

で、問題なのは帰ってから写真を選定したり、トリミングしたり、加工したりという作業が結構大変ということ。

金曜日の飲み会ならまだいいですよ。昨夜なんて月曜に飲み会ですよ。
250枚超の写真から使えそうな50枚を選定してトリミングと明るさを加工してそこそこキレイにして。

飲み屋って照明が暗めなのでシャッタースピードが遅くなってぶれるし、シャッタースピードあげると全体的に暗くなるし。
写真の加工なんて翌日以降でもいいや、って思ったりもするんだけど、こんなの熱いうちに打たないともう見返すこともしなくなるっていう。

そんなワケで、飲んで帰ってきたというのに2時半近くまで写真の加工に費やしました。
眠い、おやすみなさい。