TTLについて

「TTL」をご存知でしょうか。

とある法人向けサービスを利用する際に独自ドメインが必要だというんで、数あるストックドメインからテキトーなのを提供することにしたんだけどその際に「TTLは3,600秒でお願いします」というようなことを言われまして。

今までTTLなんて設定したことないし。つーかTTLって知らないし。ってことで調べました。

下記のサイトが分かりやすかったです。

DNSサービスの仕組みについて(中級編)(So-net)

DNSサーバは一度検索した内容を一定期間記憶しておきます。これを「キャッシュ」と言います。たとえば、一度www.so-net.ne.jpを検索すると、次にxxx.ne.jpを検索した場合、「.(ルート)」や「.jpのDNSサーバ」に問い合わせをかけず、直接「.ne.jpのDNSサーバ」に問い合わせを行います。
また、www.so-net.ne.jpを検索した後に、再度www.so-net.ne.jpを検索した場合、 パソコンが参照しているDNSサーバは、DNSの問い合わせを行わずに「キャッシュから」前回の検索結果と同じ結果を返します。
この機能により、上位のDNSサーバの負荷を軽減しています。
先ほど、「キャッシュ」の話の中で、「一定期間記憶する」という話がありましたがこの期間 は、ドメイン名を管理するDNSサーバ(上の例で言うとdns.so-net.ne.jp)がドメイン名ごとに自由に設定することができます。
この設定値をTTL(time to live)と言います。
TTLは秒単位で設定します。たとえば、TTL=3600の場合、1時間を意味します。
原則、前の検索からこのTTL値を経過して問い合わせを受けた場合は、キャッシュを使用せずに再度問い合わせを行います。

ということで、DNSのキャッシュ期間を定義した値だそうです。

で、TTLの設定をどうやってするか、っちゅーことなんですが、僕が使っているのはムームードメインのDNSなんですが、TTLの設定項目が見当たりません。

で、こちらも調べてみたらムームードメインのTTLは3,600秒で固定なんだそうです。
ってことで特に設定変更は不要(不可能)だったんですが、なんでTTLを指定してきたのかはナゾ。