未だ船舶免許の昼間限定の解除はしていませんすみません

4年前に書いたエントリーに対してお問合せを戴きました。
このエントリー。

ダルトンメガネに行ってきた(2010.08.21)

ダルトンメガネで昼間限定は解除可能ですか?というのが戴いたお問合せの内容だったわけですが、未だ限定解除は行っておりません。すみません。
灯火検査に落ちたワケではなく、検査を受けていないだけです。

で、改めて読み返してみたら、こう書いてますね。

これで更新時の船舶免許は夜間航行可能にするんだ。

このエントリー書いてから丸4年が経とうとしていますが、まだ実現できていません。スミマセン。

で、お問合せに対して返答しましたので、僕の回答を晒しときます。

◯◯様

お問合せありがとうございます。

ダルトンメガネを購入して4年になるのですが、実はまだ船舶免許の昼間限定を解除していません。
すみません・・。

ダルトンレンズは7段階だか8段階の矯正の強度があり、私は弱いほうから2番目のレンズにしました。

「私の場合は」ですが、レンズを着けると裸眼よりも赤色が鮮やかに見えるようになりました。
もし、灯火検査で赤と緑の見分けが難しいようでしたら、ダルトンレンズで解消できる可能性は高いと思います。

レンズを購入するときに船舶免許の灯火検査に使用したい、とお店の方にお伝えしたのですが、同じように船舶免許用に購入されて検査を通っている方がいらっしゃる、という話しを聞きました。

ただ、ダルトンレンズをつけても、色覚正常の方とまったく同じように見えるわけでもない、とも言われました。

目的が船舶免許の灯火検査とはっきりしているので、それをパスできればいいと割り切ればダルトンレンズはアリだと思います。

私自身は自分が色弱だという認識はあったものの、どの程度の色弱か、何色が認識しづらいのかなどあまり意識したことがなかったので、検査を受けて自分の特徴を知るだけでもよかったと思っています。

今、ダルトンメガネのサイト見てみたらURLが変わっていて、名前もネオ・ダルトンになっているので、私が購入したときよりも改善されているみたいですね。

私自身がダルトンレンズを装着して灯火検査を受けていないので、あまり具体的なことが言えなくて申し訳ありません。

ではでは。。

そんなわけで、4年前の宣言をこの夏には達成したいなと思っているところです。