E-M1のファームフェアバージョンアップ

E-M1のファームウェアのVer.2がリリースされていたのでバージョンアップしてみました。

ちなみに、Ver.2でアップデートされる機能はこちら。

Firmware Update for OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファームウェアのアップデートにはオリンパスの「デジタルカメラアップデーター」というソフトを利用して行います。まずは「デジタルカメラアップデーター」のインストールから。 まず、下記サイトにアクセスします。

http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/dslr/fw/#omd

「E-M1」の「デジタルカメラアップデーター」のリンクを押します。

「オリンパスデジタルカメラアップデーター」のボタンを押します。

推奨環境が表示されるので一応確認しときます。

使用許諾契約書が表示されるんでサラッと読んで「同意する」をクリックします。

Windows版とMac版があるのでお使いの環境にあわせてダウンロードします。僕はMac版なので、ここから先はMac版の挙動を書いていきます。

OSのバージョンによって2つのインストーラが用意されています。僕のMacは10.9.5なので、「Mac OS X 10.5 - 10.9」を選択します。

「OLYMPUS Digital Camera Updater v120.pkg」というファイルがあるので選択して起動します。

ここから先は一般的なインストーラーなので画像だけ。

そんなわけで、再起動すると下記のアイコンが現れますので起動してみます。

E-M1とPCをUSB接続しろ、と言われますのでUSBで接続してみます。

E-M1をPCと接続すると、下記のような選択肢が表示されるので「ストレージ」を選択して「OK」ボタンを押します。

そしたら、PCの画面で「次へ」ボタンをクリックします。

下記の画面でE-M1を選択して「アップデートを実行」ボタンを押します。

すると「元のバージョンに戻せなくなるけどいいか」といった確認メッセージがでます。「いやだけど、仕方ないだろ」というボタンがほしいです。

使用許諾契約が表示されるのでチラッと読んで「同意する」をクリックします。

ファームウェアをカメラに転送するのに約3分ほどかかりました。

そしてPCの画面が以下のようになります。

E-M1の液晶もこうなります。しばらくの間、この状態で待ちます。

アップデートが終わると「OK」と画面表示されます。

PCの方でも「次へ」を押します。

PCの画面が下記のようになるので、他に更新するものがなければ「閉じる」を押します。

実際にアップデートできたか確認してみましょう。
E-M1のメニューの中に「バージョン」というのがあるので選択してみます。

ここで「Body」が「2.0」となっていれば成功です。