バッグをリュックに替えた

先日、腰痛を発症しまして。
で、現在愛用しているカバンが「ひらくPCバッグ」なんですが、重いカバンをたすき掛けにするのは腰に良くない、という意見があってですね。
リュック型の両肩に均等に負荷がかかるほうが腰にはいいんじゃないか、ということみたいです。

で、いろいろ探して検討を重ねた結果、NATIONAL GEOGRAPHIC社のA5290 というリュックを購入しました。

NG A5290 レザー中型バックパック

こちらです。

裏側です。

ちょっと露出高めの写真になっちゃいましたが、気にしないでください。

このバッグは、カメラバッグでして、中央下段にカメラを収める空間があります。
使い方を紹介している動画がありましたので、貼っときます。

んで、これと同時にNATIONAL GEOGRAPHIC社のカメラストラップも購入しました。

NG3030 カメラストラップ

実は、このリュックの凄さはこのカメラストラップと相まって発揮されます。

ストラップのこの部分、小さなポケットになっているんですが、それはどうでもいいです。
その先に金具がついていて、取り外せるようになっています。で、カメラ側がリュックのかける部分のDカンに付けられるようになっています。

つまり、リュックを背負っている時に、カメラを首からぶら下げるんじゃなくて、リュックに直接つなげてぶら下げることができるんです。
こんな感じで。

重い荷物を抱えている時に、カメラを首からぶら下げるのは邪魔だし、首に負担がかかるしで、できれば避けたいんですが、避けられるんです、このリュックとストラップがあれば。

このリュックの積載量はひらくPCバッグと同等以上にありまして、ひらくPCバッグで持ち歩いていたものをすべて移し替えてもまだ余裕があります。
なので、荷物の重量を軽くして腰の負担を減らす、ということに関しては失敗です。