映画「立候補」を観た

栗城さんのこのツイートで知りました。

Gyaoで12月17日まで無料で視聴できるってことで観てみました。
2011年11月の大阪府知事選のドキュメンタリーで、主にマック赤坂さんに密着してます。

この選挙にはでていない羽柴秀吉さんや外山恒一さんもインタビューに答えています。

ぶっちゃけ泡沫候補たちは何が目的で、なにがやりたくて選挙に立候補しているのか分からなかったんですが、彼らは本気で当選して日本を変えようと思っているようです。遊びやおふざけじゃなく、当選目的で、志をもって選挙に挑んでいます。
だとしたら、それはそれで信じられないんですが。あの政見放送で、あんな街頭演説で、有権者の支持を集められると思ってんのか、と。

で、映画の中にはマック赤坂の息子さんも出演していて、かなり冷静に父の政治活動を距離を置いて見ています。
なのに、映画の終盤では父の選挙活動について行って、ライバル候補者陣営で野次られまくる父を見かねてライバル候補の支持者に向かって叫びます。

「一人で戦っとんねん!一人で戦って何が悪い?お前にできるか?」

泡沫候補者たちは、地盤も支持者も持たずに一人で戦っている人たちなんだな。勝てる見込みのない選挙を志ひとつで戦っている人だと思うと、1票入れたい気持ちになります。
でも、投票の際は冷静に。今日は衆議院議員選挙です。

映画「立候補」(Gyao)