自分探しの旅 2015Winter 〜金沢 (1)〜

冬らしい景色がみたいな、と、フと思いまして、冬らしい景色といえば雪景色だろうと、雪深いといえば北陸なイメージがあったんで、あんまり深く考えずに金沢に行くことにしました。

で、昨日の午前中までは金沢は大雪だったようなのですが、昨日の午後から雨になりまして、僕が滞在する今日と明日の2日間は雨予報です。冬らしい景色はどうなったんだ。

そんなわけで、深夜バスで金沢まできました。
金沢駅はなんのオブジェかわかりませんが綺麗な駅ですね。

3月に北陸新幹線が開通するんで、観光客が増える前に行っときたかったってのもあります。

道にはまだ雪は残ってました。
駅前には小さな用水が流れてます。

駅から歩いて近江町市場に来てみました。

7時過ぎくらいだったんですが、開店準備をしてる状態でした。

カニやら魚やらを並べている最中でした。

近江町市場の「いきいき亭」さんで朝食をいただきました。
カウンターしかない小さなお店です。美味しかったです。

そこから更に歩いて長町武家屋敷跡へ。

雰囲気のある街並みです。
塀にかけられているのは「薦掛け」といって雪から土壁を守るために冬の期間だけ掛けられるそうです。

「野村家」という屋敷は有料で中を開放しています。1人500円。
ってことで入ってみました。

受付で、写真はご自由にどうぞ。と言ってもらえて安心して写真撮りまくりました。

玄関に甲冑が飾ってあります。

庭も立派でキレイでした。

僕の拙い写真では庭の素晴らしさが表現できずにもどかしい。。。

ってことでTHETAでも撮ってきたんで、そちらもどうぞ。

野村さんチ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

さらに歩いて21世紀美術館へ。
21世紀美術館では「犬のための建築」展を開催しているそう。

おお、いいじゃないか。我が家のワンコのためにも参考にしよう、なんて思って中に入ったんですが、「犬のための建築」展でカメラを構えたら「写真はダメです!」って叱られた。
あれ?ここ写真OKな区域じゃね?って気もしたけど意気消沈して、そそくさと出てきました。

で、外観だけパチリ。

その後、やっぱり歩いて「鈴木大拙館」へ行きました。
金沢へ行くにあたって教えてもらったんですが鈴木大拙さんは禅を広めるために尽力されたかたで、鈴木大拙館はいろいろ禅ぽいなって感じです。と、禅がなんなのかよくわからないけど感じました。

廊下も、

建物も、

部屋の中も禅っぽいでしょ。
いや、これが禅ぽいのかよくわからずに言ってます、はい。

しかし、こういう直線的な建物を撮ると、水平とれてないのがよくわかって凹みますな。

そしてもちろん歩いて兼六園へ。

冬の間は、木の枝が雪折れしないように縄で吊ってあってなかなか壮観です。
これで木の上に雪が積もっていればよかったんですが。。。

兼六園といえば、灯籠(徽軫灯籠)が有名ってことで人がいなくなるのを待って写真撮ってみました。

が、なんかイマイチですね。なんの雰囲気も情緒も感じないっていう。

兼六園は定番過ぎて写真撮るのむずかしいなって思いました。
なに撮っても観光写真になっちゃう。ま、腕のせいなんですが。

で、本日最後の目的地の東茶屋街まで、当然歩いて移動します。

街の雰囲気はすごくいいです。
当然、観光客も多いので、人を写らないように撮るのはムリです。

志摩」さんは有名なお店みたい。

「コールドパーマ」は今でも芸妓さんが髪結いなどで使っているそうです。
写真撮ってたら観光協会っぽいおじさんが教えてくれました。

「素心」というカフェで珈琲いただきながら雨宿りさせてもらいました。

雰囲気はすごくよかったです。人が写りこんじゃうのであえてピンぼけで。あえて、です。

そんなわけで、初日のロケハンは以上です。
すべて徒歩で回りましたが、金沢駅前のホテルに帰る時だけバス使いました。

明日は、兼六園とひがし茶屋街をリベンジしようと思ってます。