岩合さんの撮影機材

昨日のエントリーのつづきです。

岩合光昭さんの「世界ネコ歩き 写真展」に行ってきた(2015.05.24)

物販コーナーの片隅でオリンパスコーナーもひっそりと展開していたのですが、猫グッズ物販コーナーがごった返している中、ほとんど人はいませんでしたw

担当者の方がパンフレットを配っていたのでもらってみました。「カメラのご説明しましょうか?」と声もかけてもらったのですが「いえ、E-M1は持ってるんで(キリッ)」っつってお断りしました。

で、そのパンフレットがこちらです。

今回の写真展の作品はすべてE-M1で撮影しているとのことです。
ネコにピントを合わせつつ、背景の風景もぼかさずにパンフォーカスで撮ってる写真も多かったので、マイクロフォーサーズのほうがこういう写真には向いてるかもしれんな、とか思いました。

で、レンズはなにで撮ってるんだろう?と写真展を回りながら考えてました。
ネコに寄って背景ぼかして撮ったり、引いて風景を入れてパンフォーカスで撮ったりしてるんですが、単焦点で脚で移動しながら撮ってるとは考えづらいので、それなりに高倍率なズームレンズを使ってるのかなーという予想はしてたのですが、使用したレンズもパンフレットに載ってました。

2枚の写真のみですが、使用したレンズはどちらも「ZUIKO DIGITAL ED 12-60 F2.8-4.0 SWD」だそうです。

⇒ ZUIKO DIGITAL ED 12-60 F2.8-4.0 SWD(価格.com)

フォーサーズレンズかー、ノーマークだったわー。持ってないわー。

12-40mm PROレンズかなと思ったんですが、望遠端が換算80mmでは足りないようです。

でも印象としては、けっこう広角側で撮ってる写真が多かった気がします。寄りの写真は換算120mmで撮ってるってことなんですかね。

ネコ撮るときに構図みてレンズ交換してシャッター押すとかありえないので、広角から望遠まで使えるレンズじゃないと難しいんでしょうね。
今のマイクロフォーサーズだと、14-150mm F4.0-5.6 IIあたりかなー。ちょっと暗いかなー。