オープンプラットフォームカメラなOLYMPUS AIR A01の惨状

「OLYMPUS AIR A01」が発売されて2ヶ月半ほどたちました。
私の中ではすっかり「ラーメン撮り専用カメラ」の地位を築いたA01ですが、そいや「オープンプラットフォームカメラ」って謳い文句で発売されたのにオリンパス純正アプリしか使ってなかったや、って思ってA01のアプリをApp Storeで探してみました。

検索結果がコレ。

・・・えっ?
こんなけ?こんなけしか対応アプリでてないの?

っちゅーか、「OLYMPUS AIR A01」で検索してるのに、オリンパス純正アプリもヒットしないってどうなってんだ?
ちなみに、オリンパス純正アプリを探したいときは検索ワードに「OA.」と入れて検索すると全8種類出てきます。
さらにちなみに、私は純正アプリをすべてインストールしてますが、「OA.Central」、「OA.ModeDial」、「OA.Viewer」の3つしか使ったことないです。

この有り様では「オープンプラットフォームカメラ」の名が廃るだろう。もっと楽しいアプリがいっぱい出てくることを期待して買った人もいるだろうに。(そんな人いる?)

で、だ。 嘆いてばかりいても事態は好転しないわけで、「なければ作ればいいじゃない」ってことで、OLYMPUS AIR A01対応のiOSアプリ開発に挑戦してみようと思います。

といっても、iOS開発はやったことないし、Swiftもよくわからんし、ってことで手始めにドットインストールでiOSアプリ開発のシリーズを見始めました。(そこからかよ)

いやー、しかしドットインストールわかりやすいわ。
でもこれでホントにアプリ作れるようになるんかな。