家入一馬著「我が逃走」読んだ

我が逃走
我が逃走
posted with amazlet at 15.07.27
平凡社 (2015-06-09)
売り上げランキング: 510

先日「HARD THINGS」を読んでその流れで「我が逃走」を読みました。

「HARD THINGS」読んだ(2015.07.21)

すげー面白かったです。家入本は何冊か読みましたがダントツで面白かった。

こんな僕でも社長になれた」が引きこもりの少年が起業して上場するまでのサクセスストリーなら、本書は上場した創業社長が次の事業で失敗して資金も地位も失うまでの失敗談がメインなんだけど、飲食事業に失敗した後にCAMPFIREとかLivertyとかリバ邸とかBASEとか立ち上げたり選挙にも出たりってところも書かれてて、ホントにジェットコースターみたいだなーと。

ただ、「HARD THINGSみたい」というレビューを見かけたんだけど、それは違う気がします。
「我が逃走」は「HARD THINGS」に書かれている教訓や再利用性の高いテンプレ的なものはなくて、ただ家入一馬という起業家のとことんダメなところと、すごく魅力的なところが溢れた読み物としてとても面白い本でした。

ホリエモンの「我が闘争」をもじったネタ本なのかと思ってたら大間違いでした。
すごくホンキの本です。