Symfonyを諦めてLaravelを覚えようかと思ってる

PHPはそれなりに使えるようになったんだけど、生PHPで書いてまして、フレームワーク使えるようになりたいと思ってSymfonyをコソ勉してました。

教材としてはこの書籍とか、

効率的なWebアプリケーションの作り方 ~PHPによるモダン開発入門
小川 雄大
技術評論社
売り上げランキング: 101,712

サイトは、下記あたりを参考にしながら。

1日目: プロジェクトを始める
Symfony2 ドキュメント日本語版(日本Symfonyユーザー会)

他にも参考になるサイトやブログはあって、さすがに日本語の情報もたくさんある感じです。

なんだけど、バージョンアップが頻繁にあるせいか、ビミョーに情報が古いのか、記載のあるとおりにコマンド打ったりしてもそのままは通らなかったり、オプションが非推奨になってたりとか、若干各サイトで書いてあること違うし、なにが正しいのかわからなくなってきました。

カレコレ、1週間ほどSymfonyについて調べてて、一向にアプリの開発に着手できないでいます。
そして、この状態から抜け出せる見込みがないので、他のフレームワークにしようと思ったわけです。

んで、タイトルにある「Laravel」にしようかと。
なんで「Laravel」かっつーことですが、こちらのサイトを見かけまして。昨年の記事ですが。

PHPフレームワーク比較 2014年(既にプログラマー)

アメリカのGoogleトレンドでは後発のLaravelが他を圧倒するような勢いでトップに登り詰めて独走状態です。

すごい、なんかしらんけど、スゴイ人気だ。
日本での人気はイマイチっぽいんですが、逆にそこがいい。逆に。

一方、こんな情報もあります。

2015年最新PHPフレームワーク(9つ)のベンチマーク

Laravelは非常に重いですね。Laravel4よりもLaravel5は重くなってしまったようです。

ということで、軽いわけではないみたいです。

でも、こんな意見もあります。

俺のLaravelがこんなに遅いわけない(kore1server)

やけにLaravel4が遅かったのですで、おかしいと思いながらも、別段悪意のある記事ではなさそうなので、スルーしました。
でも、たいていのLaravelユーザーは、こう思っているでしょう。「俺の、私の、Laravelがこんなに遅いわけない!」

上記のベンチマークはLaravel5の記事ですが、上のはその前のlaravel4のベンチマークに対するカウンター記事です。
ま、オプションやら設定やらでパフォーマンスは向上するっぽい、ってことがわかりました。

いまのところ、性能よりも気持よく楽しく開発できる事のほうが大切なので、この祭、性能については気にしないことにします。

ってことで、これから「Laravel」についてコソ勉します。

以下が参考になりそうなのでとりあえずメモ。

こちらもLaravel5の情報はまだ少ないようですが、頑張ってみます。