牛久の大仏 その2

昨日行ってきた牛久の大仏の大仏以外の魅力についてちょっとだけ書いておきます。

大仏は中に入れます。大仏のカタチをしたビルです。エレベータもあります。

中には展示物がたくさんあり、近代的です。

近代的っつーか、この大仏は1992年に作られたものなので、そりゃ近代的でしょうよ。

大仏の胸のあたりに窓があり外を見ることができます。
胸のあたりでもかなり高いです。

仏像がびっしり並んだフロアがあり、たぶんここが墓地なのかな。墓石の替わりに仏像を置いているっぽい。

写経もできます。

ウサギのいる広場や、

リスのいる広場があります。
子供が行っても楽しめます。

イノシシもいました。
眠そうにしてました。

御朱印も頂きました。

大仏しかないと思ってたけど、かなり楽しめました。

牛久の大仏を観にいってきた

大仏界最大を誇る牛久の大仏を観に行ってきました。

どれくらい大きいのかがよく分かる画像がネット上にあったのでご紹介します。

牛久の大仏デカすぎw
1/1ガンダムも十分デカイと思ったんだけど、こうやって比べるとガンダムってちっさいな。

そんなわけで、牛久の大仏を撮影してきたのでダラダラと写真を載せていきます。

大仏以外にも魅力的なトコロだったので、そちらの紹介はまた明日。

Dyson V8 Absoluteを買った

「Dyson V8 Absolute」を購入しました。

コードレススティック掃除機|Dyson V8 アブソリュート|ダイソン

コードレスのダイソンがほしいと思って、ちょっと調べたんだけどよくわからなくて、とりあえず一番セットが豊富な「Absolute」というグレードにしてみました。
高いんですよコレ。

V8シリーズの中では一番高いモデル。上の中では右から2番目。
同じ価格に「Dyson V8 Absolute Extra」というのもあるんですが、これがダイソンの直販モデルで量販店では買えないわけです。メーカー直販より量販店のほうが2万円以上安く買えます。
私は81,312円で購入しました。さらに4,000円以上のポイントも付いたので結構お得。

ただ、各モデルの違いがイマイチわかんないんですよ、公式サイトを見ても。

私の主要用途がペットたちの毛を掃除したいことなので「Animalpro」でもいいのかな、と思ったんですが「Absolute」は「Animalpro」の付属品もすべて含んでるっぽいので一番後悔しないかな、ということで。

これで我が家のペットたちの抜け毛を吸い取りまくりますよ。

シン・ゴジラ観てきた

シン・ゴジラ観てきました。

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

画像は公式サイトから拝借。

実は今までゴジラ映画ってみたことなかったです。モスラ映画も、キングギドラ映画も、ガメラ映画も観たことない。つまり、怪獣映画を観たことがない怪獣映画童貞です。
そんなわけで、シン・ゴジラにも対して興味はなかったんですが、なんかいろんなところ絶賛されてて「怪獣映画に興味ない人にこそ観て欲しい」なんてレビューもあって、ちょっと気になって観に行ってきた、と。

で、感想ですが、月並みで申し訳ないんですが、すげー面白かったです。

ゴジラ映画はナン本もあるんですが。ゴジラを知らない世界を描いた映画は、初代ゴジラと今作しかないとか。あ、ハリウッド版もかな。

エヴァンゲリオンの庵野秀明監督なんで、エヴァ好きには合うんだろうなーと思ってみたんだけど、感想としては踊る大捜査線好きには合いそうだと思いました。
なんつーか、事件が会議室で起きてる感がある。官僚の右往左往ぶりとか。事件はゴジラが起こしてるんだが。

3.11をゴジラで再現している、というのは観てても感じました。津波が川を登ってくる感じとか、津波の後の瓦礫とか、その後の原子力とか。

で、こっからちょっとネタバレなんだけども、ゴジラが一度去って、再度鎌倉から上陸するんだけど、なぜかそこから東京目指して上京してくるのね。で、自衛隊が多摩川を防衛ラインとして東京への侵入を阻止しようと、武蔵小杉あたりで大激突するわけ。武蔵小杉あたりは、ゴジラに踏み潰されるわ、自衛隊はボッコボコにミサイル打ち込んでくるわでもう壊滅なわけですよ。東京を守るために見捨てられる街となるわけです。妙にリアルw

避難指示もでてみんな車で逃げようとするけど渋滞で動かないから、車を乗り捨てて逃げたりするシーンがあるんだけど、これ観て、いやこれオレだったらどうするかなとか考えますね。
だって、ウチには犬2匹、猫2匹、亀1匹がいるわけで、当然車にみんな乗せて避難するんだと思うけど、渋滞で車は動かなくて後ろからゴジラは迫ってきてみんな抱えて徒歩で逃げるんかな、とか。ペットたちを見捨てることだけはしてほしくないな、と自分に思ったり。

そんなわけで、怪獣映画はちょっとな、と思ってる人でも十分楽しめると思うので、踊る大捜査線好きな人は是非観てみてください。

川崎工場夜景

川崎の工場地帯の夜景を写真撮影に行ってきました。
工場地帯は千葉方面に釣りに行く際にアクアラインに乗る直前に通るんですが、深夜に通るとめっちゃこわいんです。釣りに行く場合は釣り場に5時とか6時に到着したいので3時くらに工場地帯を通るんだけど車通りも少なくてめっちゃこわい。帰りは明るい時間帯に通るし車も多いから怖くはないんだけど、深夜の工場地帯はめっちゃ怖い。
めっちゃこわいんだけど、夜景スポットしてはキレイで幻想的で一度写真を撮りに行ってみたいと思ってました。

で、ネットで調べたら川崎マリエン展望室からの景色が良さそう。場所もしっかりしてるし、怖くなさそうw
ってことで、行ってきました。

カメラはOLYMPUS E-M1、レンズは14-40mm F2.8 Proレンズ。

展望室からの夜景の撮影なので映り込みが結構発生して、位置取りとか難しいですな。
次回は映り込み対策も用意して再チャレンジしたいと思います。